×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽天市場への直送案内プロジェクト!!
アッタ? コレデスヨネ?


日替わりワンデーセール40%OFFハワイコナ・エクストラファンシー(500g)/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店

詳細内容量:500gコナコーヒーの格付けの最高級をあらわす「エクストラ・ファンシー」がついたこの珈琲豆は柔らかな酸味と滑らかな口当たりを楽しめる高品質コーヒーです。送料【送料無料 送料込】※代金引換は315円の手数料がかかります。※海外発送は別途送料を頂戴致します。⇒詳しくはこちら ご注意・会社概要 ・お支払方法と送料 ・返品交換・冷蔵便でのお届けをご希望の方はこちらをクリック!・包装、化粧箱、紙袋、アロマブレス袋をご入用の方はこちらをクリック!【toukaifree0526】【toukaifree0601】加藤珈琲店は直火焙煎!各産地のコーヒー豆(ブルーマウンテンコーヒー・キリマンジャロコーヒー・モカコーヒー・ブラジルコーヒー・コロンビアコーヒー等)や手軽で美味しいドリップコーヒーやインスタントコーヒー、ハリオ・メリタ・カリタ・デロンギ等の珈琲関連器具(水出しコーヒー・ペーパードリップコーヒー・ネルドリップコーヒー・エスプレッソコーヒー・コーヒーメーカー・コーヒーミル等)各種取り揃えています。加藤コーヒー店をどうぞよろしく!私どもはコーヒー豆販売・コーヒー豆通販の珈琲豆専門店です。自家焙煎コーヒー豆・コーヒー生豆等おいしいコーヒー豆をお届け致します。お歳暮・お中元・母の日・父の日等のコーヒーギフトにも最適です。コナコーヒーとは、ハワイ島西側のコナ地区で栽培されるアラビカ種のコーヒーのことです。 この地域はマウナ・ロア山やファラライ山の裾野に広がっており、海抜300?800mの斜面を横切って走るママロホラハイウェイに沿って「コーヒーベルト」と呼ばれるコーヒー農園が集まる一帯があります。この一帯は、火山の影響を受けた未開墾の肥沃な土壌で、コーヒーに必要な全ての栄養分が備わっています。 また、穏やかな風、適度な気温、昼と夜の日較差、適量の降雨等、コーヒー栽培にとって理想的な条件が揃っています。コナ地区は、他の高品質カラビカコーヒーの産地の様に高地ではなくても、昼は海から暖かい風、夜は山から冷たい風が年中吹き、最高の環境を作り出しています。 コーヒーの花は、2?3月頃に咲きます。現地では、白く美しい花が次々に開くことから「コナの雪」と呼ばれています。 収穫期は、9?1月頃で、充分熱したチェリーのみを一粒一粒手摘みします。精製工場に運ばれたチェリーは、水洗式で果肉除去、プール内での粘液除去をされた後、天日乾燥されます。木でできた専用熊手で広げながら1週間程度乾燥されます。乾燥後は、パーチメントを取り除き、生豆となります。 コナコーヒーの格付けは、粒の大きさ、水分含量、欠点数により行われ、最高級品をエクストラ・ファンシーとし、ファンシー、No.1、プライムと続きます。 また、ピーベリーにも格付けがされます。コナコーヒーは独特の蝋状の青みかかった緑色で、大きな豆です。味は柔らかな酸味と滑らかな口当たりを楽しめる高品質コーヒーです。 ■ハワイはどんなところ?1959年にアメリカ合衆国の50番目の州となったハワイ州は、ハワイ島をはじめ、マウイ島、オアフ島、カウアイ島等の8島からなっています。 中でもハワイ島は一番若い島ですが面積はハワイ諸島の他の島をあわせた2倍に当たる1万456平方km(四国の約半分)もあるハワイ諸島最大の島です。 島中央には、ハワイ州最高峰のマウナ・ケア(4205m)とマウナ・ロア(4170m)がそびえ、マウナ・ロア山嶺には世界一の活火山キラウエア火山があります。 ハワイ島には、州の全国人口の1割の約12万人が住んでいます。 白人系、日系が最も多くハワイヤン、フィリピン系、中国系と続きます。気候は年間平均22?25度ですが、高地や火山地帯は15度と涼しくなっています。 特徴的なのは降水量で、島の東西で極端に異なることです。 コナ地区はハワイ州でも最も乾燥した地域ですが、郡庁のあるヒロは、最も降水量が多い地域で、その差は約10倍にもなります。 これは東から西に進む雨雲が、マウナ・ロア山嶺の東側にぶつかり、西側にとどかないためです。 ■ハワイのコーヒーの歴史ハワイに最初にコーヒーが植えられたのは、オアフ島です。 1825年時のハワイ王国カメハメハ2世とカマルマル女王、オアフ総督ボギ酋長がロンドンを訪れます。 この時初めてコーヒーを味わうことになります。 しかし、カメハメハ2世とカマルマル女王は、麻疹にかかり亡くなってしまいます。 ボギ酋長は二人の遺体と共に帰路につき、その際、コーヒーの苗木を手に入れ、オアフ島のボギ農園に植えました。 このコーヒーは産業として成功は見られませんでしたが、1828年にサミュエル・ルグレス牧師が、ボギ農園からハワイ島にコナの挿し木を持ち帰り、観賞用として庭に植えました。 このコーヒーは瞬く間に生長し数年の内に、コナ一帯でコーヒーを植えるのが流行となり、やがてこの地域の基幹産業に発展していきました。 現在、ハワイ島以外に、マウイ島やオアフ島、カウアイ島等でもコーヒー栽培は行われていますが、ハワイ島コナ地区で生産されるコナコーヒーが最高級品質とされ、世界的にも有名です。 ハワイ州全体の年間生産量は約3000トンですが、この内、コナコーヒーの生産量は675?800トン程度とされています。

扱っているお店は、グルメコーヒー豆専門!加藤珈琲店 さんです.



他にもオススメがあるョ!!!
緒に【学生シャツ】(長袖シャツ)
お買い得車市場対象車両】【中古】
浅煎りマンデリン 500g

楽天市場にあった!ステキプロダクツ!!

楽天ウェブサービスセンター

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。